不動産売却や無料見積りは不動産のプロに聞く

赤い家と虫眼鏡

ピックアップ

査定を行う

自身が保有している不動産を売却する際には、不動産会社で不動産査定を行ってもらうことが重要になります。不動産会社の中には、無料見積りを行っているところも存在するのです。

いつでも確認できる

賃貸物件を探す際には、インターネットを活用して調べることが重要です。インターネットを活用することによって、24時間いつでも最新の情報を確認することが出来るようになっています。

信頼できる

不動産売却を行う際には、自身で行うこともできますが、不動産会社を利用することが適しています。信頼できるところにサポートしてもらうことによって良い結果に導くことが出来ます。

新築物件の需要

住宅を探す際には、中古よりも新築物件を探していきましょう。新築物件を利用することのほうがメリットをより多く得ることが出来るのです。そのため最近では需要も高まっています。

リスクを回避

高い価格で取り引きしてくれる所を見つけておこう。福岡のマンション売却を相談しませんか。業務の比較が重要になります。

空室リスクを避けた不動産投資の方法があります

毎月の安定した収入を求めて中古ワンルームマンション等で不動産投資をする人も多いです。不動産投資は株式投資よりリスクが低いとはいえ、空室リスクなどは残ります。特に保有戸数が少ないときには、空室になった時のインパクトは大きく、1戸目で挫折してしまう人もいます。もしも、毎月の安定収入を確保するために中古ワンルームマンション等の収益物件に投資をしているのであれば、その代替資産として上場不動産投資信託を保有することを考えてみても良いです。上場不動産投資信託であれば、数多くの収益物件を保有しているため、個人で不動産投資をするより、はるかに空室リスクが小さくなっています。安定した分配金を確保することが可能なのです。

毎月分配金をもらう形を自ら作ろう

しかし、上場不動産投資信託の分配金の支払いは年に2度であるケースが多いです。半年に1度決算をして、その2ヶ月半後に分配金を支払っているという銘柄がほとんどす。つまり、同じ銘柄ばかりに投資をしていると、年に2度しか収入がないことになります。そこでちょっとした工夫が必要になります。それは決算期の異なる上場不動産投資信託を持つということです。1月から6月まで、決算期が来る銘柄を持っていれば、その半年後である7月から12月も決算期となり、それぞれ2ヵ月半後に分配金が支払われます。これで毎月の収入を確保することができるようになります。しかも、複数銘柄に投資をすることで分散投資の効果も得られ、投資リスクも抑えられます。

注目記事

ペットの飼育環境

一般的なマンションではペットを飼育することが出来ませんが、最近ではペットを飼育することが出来るマンションが存在します。ペットを飼うことが好きな人は、そのようなマンションを探すことが重要なのです。

Recommended link

Copyright © 2015 不動産売却や無料見積りは不動産のプロに聞く All Rights Reserved.